知恵の日記『叡智やまぬ』






   いろんな生き方があるんだなぁ〜と

   感じる旅となりました。

   生きるって何だろう?って久しぶりに

   思えたかも・・・

   

                ニライカナイ  千恵


2009/7/1(水)
     
『私にとっての聖地・・・自然に出会いたかった人達』
            
夢を叶えようと沖縄まで行っちゃった出張物語編)その2

いざ、覚悟を決めて沖縄の私の聖地に行ってきました。
それは、借金してでもやらせて頂くという覚悟です。本気です。

ジャングルの中も小雨の中、案内していただき、土がぬかるんでいて、磁場を感じるというよりは、ただただ滑らないように歩くこと・・・だけでしたが、その奥の高台で奥様が瞑想していたらしく離れてはいたので、会釈しましたが、奥様からしたら誰?って感じだったかもしれません(笑)。5分後に見上げたら、もうすでに妖精のように姿がなく、不思議な感じでした。

夜は、布絵作家の方の素敵なお家で、飲み会か寄り合いって感じの集まりがあり、ほぼ面接?という意味合いの宴会があり、とても楽しかったです。私が横浜では、あえて話さなくなっている話が自然に肌で感じ取ってきた方々という感じで、違和感なく溶け込ませていただきました。

逆にあまりにもナチュラルにいられたので、横浜に戻ってきて、浦島太郎的なギャップがありましたが、そこは気にせず、夢の過程を楽しむべく日々を過ごしています。

横浜に発つ日に、オーナーに『施術(足つぼetc)はチェックされなくていいのですか?』と聞いてみると、『しなくてもわかるさぁ〜・・・あんたのような人が、何人やりたいと言ってきたと思ってるんだ!そんな事をしなくてもわかるさぁ〜』この時は、人生で一番の褒め言葉をいただいたように思え、とても嬉しかったです。

横浜に戻ってきて、後日、ワークショップとしてぜひ・・・というオーナー側の捉え方と、私達は、そこに横浜同様、本腰入れて、やっていきたいというニュアンスだったのですが、どうもあまり伝わっていなかったらしく、お電話でその点が判明し、『また近いうちに、一人ずつスタッフ連れて、日帰りでもいいからお茶しにきてね〜』というオチがあり、まだまだ、夢を叶えようと沖縄まで行っちゃった出張物語は続きそうです。 


2009/6/28(日)
     
『私にとっての聖地・・・自然に出会いたかった人達』
                 
オルゴール療法を聖地でやってきました編)その2

行って来ました。私の聖地へ・・・S袋さんという友人に『来るならオルゴール持ってきてね!』とサラッと言われてしまい、振動に弱いオルゴールを慎重に飛行機に乗せ、沖縄に行ってきました。今回は『夢を叶えようと沖縄まで行っちゃった出張物語』の前に、オルゴールの話だけにさせていただきます。けっこう、おもしろかったので(笑)

・・・今、ニライカナイでは、オルゴール療法を取り入れているコースがあるのですが、個人セッションと一緒でまだHPやメニューに書くところまで至っていません。のんびりで申し訳ありませんが、ご興味のある方はお電話か、ご来店のときに、聞いてみてください。まさかオルゴールで・・・という感じですが不思議な効果があるように思い、始めています。

・・・で、S袋夫妻と那覇で待ち合わせして、オルゴール好きな奥さんのMちゃんが私のレンタカーを運転してくれていたので、『カフェに着くまでに40分はあるし、その間に、しわが取れるかもしれないから、早速、オルゴールを聴いてみようね〜』とゼンマイを巻き、音を流した途端、Mちゃんの瞳からポロポロと涙がこぼれ出てきて運転が出来ないくらい泣き出してしまいました。横浜では泣きそうになる、涙目になっている人は、経験していましたが、こんなに早く泣いた人は初めてでした。『なんて綺麗な響きなんだろうと思ったら、泣いてしまいました・・・』こんな純粋な人もいるんだぁ〜と私も感動してしまいました。とりあえず、3クール×15分、計45分車の中で聞いていました。カフェに着いた頃には、お互いお肌がプルプルで、見た目にもわかる感じで、いい年の私達は大喜び(笑)・・・

ペンションに着くとS袋さんもオルゴールを15分のみ体験。『チエさん、これヤバイね!』とまたまた横浜の男性の人達より感度がいい。1クール聴いて、タバコを外で吸ったら、タバコがまずく感じたそう。違うようです。『舌がザラザラしてタール臭い。タバコが止めれるかもしれない。』と喜んでいました。一方、横浜ではガン患者の方に、3時間、体に当てて聴いてもらったところ、呼吸が深くなったから、タバコが美味しいと言われ、体の純度が違うとリアクションも、真逆でした。その方の純度によって、オルゴールを聴くと、浄化が進んでいくようです。重い方は、毎日、時間をかけると、きっとさらに素敵な方向に向かうと思えました。

その夜、聖地の住民の皆さんと、芸術家のお宅で、たのしい一時を過ごさせて頂き、持参したオルゴールを体験したいということになり、翌日、夕方から、またその方のお宅で、オルゴールセッションをやわせていただくことのなりました。

12人は体験され、『もう1回いい?やらせて〜順番待つから。』と、大人の男性のリアクションのいいこと。瞑想のワークショップをやっている男性は、『水が滴る音が聞こえる感じで、なんてすばらしい波動なんだろう。これ、すごいなぁ〜』と絶賛され、芸術家の男性は、『今、ビジョンがはっきり、浮かんだ・・・今までにない作風の画が浮かんだ・・・』とペンを走らせ、皆も黙って、下書きをのぞき込むという感じで、横浜とリアクションが違うのでした。でも、結局、聖地の住民の方々の感想としては、『ナンダカンダ言っても、やっぱり疲れていたんだね〜。』でした。オルゴール万歳!!みたいな方々で、5時間もやっていたのです(笑)。私自身もオルゴールの凄さを再確認する旅となりました。







 
今回は、梅雨でしたから、

 こんな爽やかなお天気ではなかったのですが、

 素晴らしい出会いがたくさんありました。



 この後くらいから

 個人レッスンやオルゴール療法はもちろんですが

 何かもっと他にニライカナイがお伝えできること・・・   

 施術だけではない部分をお仕事として

 活動していく流れを感じるようになりました。

   

                ニライカナイ  千恵

 





   そのお店の入口に昔あった手作りランプ。

   素朴でシビレました。。。 


                ニライカナイ  千恵


2009/6/14(土)
     『私にとっての聖地・・・自然に出会いたかった人』

                        
未来叶う編)その1


一見、営業しそうな明るさ・元気さを持っている私・・・(笑)
でも、実は、小さい頃はおとなしかったので、通信簿には、もっと積極的に・・と担任の先生のよく書かれたものです。いつでもお近づきになれるチャンスのある方でしたが、積極的に会話をしないできた沖縄の女性がいました。声は掛けないほうがいいような気がして1・2回短い会話はありましたが、それ以上、話し掛けるのをやめていました。

12・3年前に私は離婚するかを沖縄で悩んでいました。その頃の私を見かねた友人がきっと気に入るから、癒されるからと連れて行ってくれたカフェがあります。私はそのお店のゲイトを見ただけで『やられた・・・』と感動を超えて、うな垂れていました。それくらい、店の中に入るまでに、一番好きな尊敬する店舗になっていました。ここで足つぼとかできたら最高だろうな〜とイメージできた磁場のすばらしい所で、私は癒され、自然の力で心が浄化されたことを思い出します。

いつの間にか、ずっと住みたい場所、お店を一番やりたい場所、個人的なヒーリング・スペイスを作りたい場所と秘かに想い続けていたその場所は、私にとっての聖地になっていました。お婆さんになって、引退しそうでしない年齢となるものの、のんびり仕事もして、そこでボーッと暮らしていたい。たまに昔のスタッフがニライカナイの館に泊まりに来てくれて、お店が忙しい時だけ、足ツボとか手伝ってもらう・・・ってのが、私の老後の夢。私はその地でヒーリングをこっそりやっているチエ婆さん。。。
でも全国からいろんな事情を抱えている方が訪ねていらっしゃる・・・そんな隠れ家的な海の見える沖縄の果てにライカナイの聖地を作りたいと、毎年頑張ったスタッフをその地に連れて行っては夢を語る、お気に入りの場所です。実は3月にもそこに行って来たばかりでした。


ここ5・6年は、まずそのエリアに着くと、手前にある大きなお墓に手をあわせます。沖縄で唯一手をあわせるお墓です。いい意味で気になるのです。またこの地に無事に着いたことを報告しお礼とご挨拶をします。それから、その女性のお店で肉魚なしの精進風、琉球料理がいただけるところで昼食をとり、斎場御嶽(セーファウタキ)まで、お礼とご挨拶をしに車を走らせ、ジャングルの中まで歩いて疲れたところでまた戻ってきて、カフェでお茶するが恒例になっています。もちろん、スタッフには、お店作り、食事療法の勉強も兼ねて毎年、連れていってます。スタッフ皆も、まったりしながら浄化され、その情景にうっとりしています。


6/1(月)たまたまニライカナイの店頭に、一人の沖縄男性が、『なんでニライカナイっていう?』とスッタフに声を掛けてこられました。私が近寄ると、沖縄の話で盛り上がり・・・『私はこういう仕事してるさ!』とよく見かけるヒマワリの絵が描いてある名刺を差し出され、店名を読んで、ビックリ!!そのカフェの名前が書いてあるのです。とっさに『アイ!常連!』と私から感動の握手をしちゃいました(笑)思わず、自分でも、お金もないのにと思う前に『土地余ってないですか?』と衝動的に口走っていました。いつも斎場御嶽(セーファウタキ)へ行く前後に、そのエリアでやっている毎年の行動を話すと、『合格!!』と指を刺しながら、その男性は大声で叫ばれていました。一瞬、意味がよくわからなかったのですが、その地に関われるってことかな?って解釈して聞いていました。お話が盛り上がるにつれ、声を掛けずにいた沖縄の女性のご主人(オーナーさん)ということがわかり、こんなところで、尊敬する店舗のオーナーさん(しかも父を沖縄顔にした親しみやすいお顔)とお会いできるなんてと2度ビックリ!!

こんな自然の出会い方で確かに始まりたかったです。その方が沖縄に戻られてから、『沖縄に来たいですか?』というお電話を頂きました。。。本当は『戻りたいです。』と叫びたかったですが、お電話なので『ハイ』とだけ答え、急遽、明日6月15日から沖縄に行くことになり、空いている未来のとっておきの場所を沖縄の友人のユタのようなご夫婦と一緒に私が長期合うか、どれがベストかを感じてくる不思議な旅に行ってくることになりました。

2009/5/31(日)     『母が命日に伝えてくれたもの』


昨日、九州の旅行から帰ってきた父が、急にお土産があるから届けたいとやってきました。無口な父は、一言もスタッフのみんなに・・・とは言っていないのですが、お菓子は、ほぼ人数分、入ってました。お店がオープンしてから、初めてのことです。私達が大好きなお菓子で、おじいさんが買ってきたとは思えないセンスの美味しさでした。

昨日からオルゴール療法がスタートしました。不思議なオルゴールで、私も毎日、愛用しています。詳しくはお店でご説明させて頂きますが、毒素や老廃物は出してくれるようで、6〜10回以上聞いたり、体に当てたりしていると、首肩はかなり緩み、お肌がプルプルしてきます。
(1回=1クール15分)
たまたま店の前で、急に両足がつったと70代の女性が入ってこられ、足も椅子のオットマンに上げれないくらい苦しんでおられて・・・なんとか足ツボをスタートしてみました。普通はストレッチをするとおさまるのですが、かなりお辛そうだったので、そのオルゴールの事を説明して太ももにのせてみました。1クール15分では、わからなかったのですが、音楽が止まり、太ももから離すと、また足がつり始めました。
2クール目もやってみるということで、まら太ももにのせると、つっていたのが、また止まり始め、女性の方はうっとりしてきて、お顔もほてり始め、お肌までプルプルしてきました。

次に常連様が1クールやられて胸部の鎖骨辺りにのせてみると頭がスッキリして肩が楽になったとお帰りになりました。こんな感じでオルゴール療法が突如スタートしました。もちろん、ヒーリングとブレンドしたコースも始まります。今、メニューも作成中です。ボディコースも内容が少し変わります。より、解れるように今週中にUPしま〜す。

帰宅して、夜中テレビを見ていたら、『余命1ヶ月の花嫁』の長島千恵さんの闘病がテレビで流れていました。私も名前が千恵なので、テレビから『乳がん』、『千恵』が連発で見ていました。
痛みをこらえる彼女にお父さんが一生懸命、千恵さんの背中を摩ります。『本当に楽になるんです。人の手って・・・』と千恵さんの言葉に、そう、それを公にしていく気持ちに今なっている自分がいました。ずっとコッソリではないのですが、色んなご意見もあることと思えましたし、スタッフを抱えている自分が活字で多くの人の目に触れることを避けていたように思います。結局は怖れ・・・。恐怖心を抱いていました。
千恵さんのまっすぐな言葉が私にまっすぐ入ってきました。その瞬間、涙が止まらなくなりました。これまで、あまりHPには書かないできた事を力強く語る千恵さん。母と同じで肺と骨に転移して・・・4年前の事を思い出していました。母と私が混ざった感じの千恵さん。ふと時計をみたら母の命日になっていました。4年前の今頃、手を握って家族全員で看取れるよう皆で交代で横についていた時間でした。昨日あったことを振り返っても、勇気とこれからオープンに始まるヒーリングに対して、母が前祝いに父にお土産を買わせてくれたように思えてなりません。

今、母が生きていたら、母が元気な頃にやっておきたかったコースがチャクラBODYコース、そして病気がわかってから、やりたかったのが、個人セッションでやる内容のように思えます。この夜、自分が自分に許可を出したように感じました。

  








 ぜひ、まっすぐな気持ちで、様々な症状の方に、

 民間療法のすばらしい光を、光の担い手のとして

 お仕事とされたい方、ご縁を感じましたら、

 会いにいらして下さいね。  

                ニライカナイ  千恵

2009/2/26(木)     『昨日のリズ先生のセッションの感想です』    

昨日、参加された方は、もうお腹いっぱいという感じで、満足気に帰られていかれました。
参加された皆様、お疲れ様でした。とてもハッピーな夜だったのでは?もちろん、私もでした。

チャネリングをされながら、オルゴール療法専用の特殊なオルゴールを数人の方の腹部などに当てていきました。ニライカナイにもそのオルゴールがあります。Bodyの方は、今ならお試しができますので、よかったら触れて感じてみてください。私は、岩のような肩こりが、かなり柔らかくなり、肌がプルプルって感じです。私のお気に入りとなっています。

看護師のお客様が参加なさって、その方はオルゴールも体に乗せられていないのに、『なぜだか肩が楽になっている!』と不思議そうでした。参加された方々の終わった後のお顔を見て、1階にいたスタッフも、2階に上がられる前のお顔との差が、かなりあったことを鋭く感じ取っていました。

私は、亡くなった母や同じご病気をされた友人、お客様が浮かび、新しいヒーリングを始めていくイメージと決断ができました。とても有意義な満たされたひと時でした。家に帰って寝るまで、感謝の気持ちでいっぱいで、ニコニコしていました。母がビジョンとして出てきてくれたことも、癒しになっていました。

次回は3/25(水)19:00〜21:00です。普段のセッションでは、なかなか出会えない内容かもしれません。リズ先生に感謝の気持ちでいっぱいでしたし、ぜひ、この濃密な2時間を皆様にも感じていただければと強く、思えたスピリチュアルな夜でした。


2009/2/9(月)     『本気』&『ピッパッの法則』

セッションが始まり、リズ先生の本気度をビシビシと感じ、主催者の私としても、かなりの覚悟で臨もうとこちらも本気で決心し直した、第1回目となりました。

移転でのドタバタも落ち着きをみせ、セッションも始まり、今は、こうアドバイスを受けたらピッパッと動くことを実践してます。完全には無理なところもありますが、なるべく、『ハイ』と返事するだけではなく、いつか意味が分かる、繋がってくるはずと、実行しています。

実行する内容が苦手な事、恥ずかしい事だったり、面倒くさいことなら余計に突き進む。頭で分かろうとしなくていい。理解することはやめ、ただやってみる。言い訳や批判もしない。それがセッッションでさらに、感じたことでした。後で繋がるときの感動を知ってしまったから・・・さらに素直になってしまおう!と実践しています。

なりたいものを人が親身にアドバイスして下さっているってことに耳を傾け、感謝してやってみようかと、単純化に入っています。迷ってもGOで、寒い冬を忙しくして楽しんじゃいましょう。それを私は
『ピッパッの法則』と呼んでいます。

割り切って、ガチガチの自分を守ろうとしていることを放棄した時、かなり楽しいみたいです。

                      
                      晴天のニライカナイ♪

2009/1/31(土)     『セッションがスタートしました』

セッションを初めてHPで参加者を募り、新たな試みとしてスタートしました。今までも内々でスピリチュアル・ヒーリングは色々やってきましたが、今回はチャネリングとなり、初めての方も多かったようでした。


私もそうですが、人は自分の弱さ、避けている自分を実はよく知っていたりします。弱さを知っているから、強くなりたい。人は癒されたいから、癒されると、色んな形で、知らず知らず周りを癒したくなる。無意識のリレーが始まっていたりします。

でも、強くなりたいのに、弱いままの自分でいたり・・・もがいてもがいて、何かを探し始めたり、求めたり・・・また逃げてみたり・・・でも、決心した時から、逃げない自分、なりたい自分に、いつでも変われるんだと感じます。


未来叶うという意味をのせてニライカナイが応援したいテーマであり、我々もそうあり続けたいと思っています。

結局、心が固ければ体も硬い、塊もできるような・・・現実の世界にまじめに取り組みすぎたり、追われてしまう方、コリが多いような気がします。どこまで人がヒーリングを通して人を癒せるのか?

人間の可能性は無限である・・・と思ってみてもいいんじゃないでしょうか?奇跡が当然起きるものと思うとワクワクドキドキしてきます。


次回は2月25日(水)19時〜となります。明日から受付いたします。詳しくはも『セッションのお知らせ』ご覧ください。

3月は3月25日(水)19時ですが、3月の受付は2月26日からとさせていただきます。


2009/1/12(水)   『個人レッスンを始めるにあたって・・・』


足つぼ師になって早16,17年経ちました。次々と足つぼやリフレのスクールが出来る中、ただただ、現場でお客様に携わらせていただきました。 2つのお店で経験をさせて頂き、フリーでも経験しました。ニライカナイのお店を作ってからは、スタッフの皆から、あらゆる経験をさせていただきました。

特に自分より日数が少ないのに、施術がもたない人と出会い、つまりを感じる人、ここでは書けないような体験が次々と起こり、ニライカナイという名のお店が、私たちに何度も課題を投げつけ、答えを経験や勘で、でもすべてお導きだったような・・・。そうやって見させていただく中で、もし私がお教えすることがあるならば、体験していただくしかないのですが、スクールのようにはしたくないのです。

既存のスクールのようなマニュアル化されたスキルのようなものではなく、お教室のように楽しく和気あいあいというのでもなく、講習会のように短くもなく、ただやりましょう、でもないです。

ただし、施術、手技は多いので、その前の段階、これは覚えてください!っていう最初の時期は努力がいります。でも、その後のほうが、経験のある方は、参考になると思います。

1回目のセッションでは今までの疑問やご希望を聞きながらカウンセリングを行い、興味のある進みたい方向を決めていきながら、アドバイスさせていただきます。施術を作る作業や浄化方法、呼吸法による施術の訓練など、進めていきます。

ニライカナイのお伝えしたい事を求めていらっしゃる方のみ、お受け致しますので、初回でお断りする場合もあります。お申し込みのお問い合わせの時に、担当者にご相談ください。毎年、秋〜冬にかけて10月〜3月の間のみ、やらせていただく予定です。           


旧ニライカナイの同じ道沿いからの外観。
元町方面に5・6軒目行った角。



 
  奈良の春日大社 聖なる鹿
2009/1/11(日)   『セッションが新たにスタートします。』


2009年になってから、年末年始はお蔭様でお店も混みに混んで、年始のご挨拶もままならないまま、今になってしまいましたことをお許しください。・・・今年もどうぞ宜しくお願いいたします。
皆様にとって
いっぱいの年になりますようお祈り申し上げます。

この日記が2年8ヶ月ブランクがあったのには、もちろん深い理由があるのですが、やっと、今年からHPを新たに再スタートするキッカケのセッションや個人レッスンが始まります。

今日は、セミナーのご紹介をさせていただきます。今月から当分は心理セラピストのリズ山崎先生によるスピリチュアル・ヒーリングです。10年程前、離婚を機に何かを求め、探していた頃に、出会ったのがリズ先生でした。

お店の移転でも、大変お世話になった方です。2階の琉球畳のお部屋が気に入ってくださり、今回、セッションをというお話を頂き、感謝の気持ちでいっぱいです。今回、初回にも拘らず、群馬県から九州の方までお申し込みを頂き、ありがとうございました。
たった1日の受付でしたが
本日をもって1月のセッションは受付終了となりました。お電話ありがとうございました。全国の方との新しい出会いが、こういう形から始まることに感謝すると共に、セッション、私達も楽しみにしています。

今回のリズ先生のセッションは1月29日(木)19時スタートです。2月は日程が決まり次第、HPの『セミナーのお知らせ』をご覧ください。リズ先生のニライカナイでのセッションの詳しい内容は、リズ先生の公式ブログ1/10(土)のコメントをご覧になられると、とても伝わるはずです。特にニライカナイの電話番号の下に出されている個人的な『補足』を読まれると感じられることが多いのでは・・・と思います。

※お支払い方法やセッションのルールも『セミナーのお知らせ』をご覧ください。
2008/12/26(金)     『終わりなんかないからさぁ〜』

早いもので師走となりましたね。半年間、設計やデザイン、大工さんになっていたので、あっという間の一年でした。今年もたくさんの方にお世話になり、ありがとうございました。ようやく、ビル開発の前に近くに引っ越すことができ、一安心の一年になりました。

トップページも7年半ぶりに写真を更新しました。今度の店舗は五差路の角なので、三面の壁があり、それぞれ工夫したのですが、デザイン、作成まで6ヶ月くらいかかってしまいました。どの道から歩いていらっしゃるかで、ちょっと雰囲気が違うかもしれません。私は、スタッフが呼んでいる美川憲一似のチャクラおじさんの情けない顔に癒されて、ニンマリしてしまいます。本当は、この布、移転前はもう捨ててしまおうと何度も思っていたのですが、案外、看板にしたら、いい味出してくれてます。沖縄の北谷にあったアガリイリという姉妹店からの戸や窓、チャクラおじさん、足の看板などいたるところに、3年間倉庫に眠っていたものが生き返り、新しい形に再生できて私達も嬉しい限りです。今回、『ホント捨てないで良かったね』というもの達がお店を楽しげにしてくれました。まさにニライカナイとアガリイリの融合でできたお店となりました。


   

 来年はセッションや個人レッスンなども考えています。

 『 新たなお店で2009年もどうぞ宜しくお願いいたします。』


2008/9/19(金)     『突然ですが・・・
    近くに移転することになりました』

お久しぶりです。皆様お元気でいらっしゃいますか?

2年8ヶ月ぶりの日記となります。この間、色々ありました(笑)。HPでは語れない体験だらけで、日記もずっと封印していたのですが、たまたま立て続けに泥棒に入られたことにより、5〜6軒先の角の店舗に移転することになりました。そのお陰で、やっとHPを更新する気になりました(笑)。
本気でさらなる夢に向かって進む時期と感じ、6月に移転の決心をしました。今は毎日、ほぼ大工さんになっています(笑)体は木のクズだらけで、さらにHP更新は無理な日々なのでパソコンに強いスタッフに日記をお願いして当面、私は現場監督兼大工になりますので、宜しくお願いします。

この小さなニライカナイが、あと1ヶ月もないと思うと感慨深い想いもありますが、カワダサくて(笑)、厳しくもあり暖かい不思議なお店でした。本当に7年半の間、ありがとうございました。出会ったすべての方に感謝の気持ちでいっぱいです。デジカメも紛失中のため、新店舗の写真はあらためてUPさせていただきます。HPのMAPには新店舗の位置も載っていますので、ご確認ください。