知恵の日記『叡智やまぬ』

2005/5/2(月)    『沖縄の北谷のアガリイリが移転してきます』

ニライカナイに沖縄の姉妹店のアガリイリが横浜中華街に移ってきます!すごく沖縄のスタッフを可愛がって下さった沖縄の地元の皆様、旅行で何度も足を運んで下さったお客様には、申し訳ない気持ちでいっぱいなんですが、横浜で介護しなくてはいけない母をこれ以上、年老いた父一人に任せておくわけにはいかなくなり、やもなく、中華街のニライカナイと沖縄のアガリイリを合体する事になりまいた。沖縄のアガリイリに来て下さった方々、今まで可愛がって下さってありがとうございました。遠くなってはしまいますが、沖縄スタッフは中華街に戻って頑張りますので、もし関東にいらっしゃることがありましたら、ぜひ遊びにいらして下さい!アガリイリの内外装に使っていた材木やランプやイスはニライカナイで愛用していきます。私達も愛する沖縄を離れるのが辛いのですが、弱っていく家族が優先する事に決心しました。本当に身勝手ではありますがお許しください。いっぱいの方々から、いっぱいの愛を、いっぱい分けて頂いた15ヶ月でした。

本当にたくさんの暖かい笑顔をありがとうございました!

                      アガリイリ&ニライカナイ スタッフ一同





2004/4/13(火)    『沖縄に戻れるようになりました!』

今、アガリイリのホームページを、飲み仲間でもあるお客様のH田さんに(エッチ田?)かなりご協力頂いて、急ピッチで作りました!神様仏様H田様、お忙しい中、本当にありがとうございました!中身が空っぽではありますが、もう少しで出来上がりそうです。のんびり、ちょっとづつ作りますので暖かい目で見守ってください。のぞくと『ほとんどニライカナイをコピーしただけじゃないか!』と、お思いになられるでしょうが、パソコン音痴が作っているのでお許し下さい。2月から、ほとんどイスか床で寝てのアガリイリ準備でヘトヘトですが、売上ゼロなんかもけっこうあるお店で(笑)、平日、店の外に人が歩いているだけで、驚いたり焦ったりの人生サバイバル的な毎日をスタッフのS野とA山は送っております。この話はアガリイリの日記でもご紹介することになるでしょう!これからアガリイリの良さが多くの皆様に伝わればと思っています。

アガリイリ物語はまだなんですが、最初から3年後と決まっていたように思えます。それもアガリのHPで・・・ニライカナイのお客様や隣の美心(マシム)さんのお兄さんが『今年は沖縄に行く!一緒に行きましょう!』と行く気満々で、また楽しい交流が出来そうでたのしみです!もちろんスタンプカードも使えますし北谷町価格でやってます。ぜひ遊びにいらしてください。電話予約されて間違えてお隣のタイ式足つぼのピッタピッタさんに入ってしまうお客様もいらっしゃったのですが、それもアリです(笑)お隣さんにはかなりお世話になっていますので、無意識にお返ししている事になってるんでしょうかね。

斎場御嶽(セーファウタキ)
の話は、一番日記に書きたかった時には書けずで、残りは封印しま〜す。でもとても神聖な場所で沖縄に戻るからには、気持ちを引き締めてご挨拶・・・という空間でした。ご自分で、ぜひ足を運んで感じてみてください。

2004/4/1(木)    『斎場御嶽(セーファウタキ)』
                       
願いは叶う(再会編)その4

お久しぶりです!1月にHPを更新したかったのですがパソコンの調子が悪く、パソコンが言う事を聞かない間にナント沖縄の北谷にある、ハンビフリーゾーン2の中にアガリイリ(東と西という意味で地平線から陽は上がり陽は入るという言葉)という名前の足つぼ屋をオープンすることになりました(笑)前回、登場したT須君の一声からお店が出来る事に・・・

沖縄、北谷の足つぼ屋さんのT須君とK子さんが、去年に10月後半にニライカナイに来て下さって、今度は我々の足つぼをパクッてもらうことに・・・うちの店は同業者のお客様も多いのですが、さすがに沖縄は遠いですよね(笑)。沖縄に行ったK北と中国式足つぼの施術をしながら、話は盛り上がって・・・何気なく、T須君が『ホントは沖縄でお店やりたかったって言ってたよね・・・丁度、隣の店が閉めたからやらない?』と同業者としては、かなりデッカイ人間です、T須君は・・・!!もうビックリする前に、口から『エッ?やりたぁ〜い!!・・・エッ?でもいいの?いやじゃない?』『イヤじゃないよ!一緒に沖縄盛り上げようぜ!絶対うまくいくヨ!』と発想が貧困な我々を感動させるお言葉・・・っていうことで即決しちゃいました(笑)!まぁ、今日はエイプリル・フールなので嘘かもよーん!ですが・・・
で12月に斎場御嶽にご挨拶しに・・・元スタッフのA山が沖縄の大学に行ってしまったのですが、就職を迷っていたので、『もう1度、一緒にやりたい!』とだけ伝えて考えてもらうことに・・・A山も一緒に御嶽へ・・・斎場はいくつかに別れているのですがジャングルみたいな所から女性が一人、降りてきたので我々も茂みの中に入っていくことに・・・1時間は入ってなかったですがA山のパンツは雑草だらけになり、ずっと獣道が続いていました。誰もその人以外、全く人には出会わなかったのです。
獣道が何とかある道を進んで行きました。見た事もない美しい蝶々や1枚の葉にビッシリのピカピカの虫たちがいっぱいのジャングルみたいな空間が広がっていました。どこまで進んでいいかわからず、迷うとOリングで、次の方向を決め・・・これ以上は進まなくていい・・・と出た所の前には『火の神』『女神』と彫られた小さな石碑がありました。後からA山が友人に聞くと、普通の人は、そこまで奥地に入らないそうです(笑)ハブも出るとの噂も・・・その後元の道に戻り、メインの拝所である三庫理(サングーイ)に・・・二枚岩のトンネルをくぐると東(アガリ)に神の島、久高島が遥拝できるんですが、A山と『ウオォー!スゴイ!』しか言葉が出ないんです。とにかく空気が違うんです。神聖な空間でした。とにかく合掌してしまう空間なんです


2004/1/10(土)   『斎場御嶽(セーファウタキ)』願いは叶う(再会編)その3

ニライカナイは、『2店舗目やりませんか?』とお声を掛けられるたびに、何度も、必ずお話が流れていました。別にそれでいいニライカナイがいつもありました。でもお話が流れる度に、途中から気づいてもいたんでしょうけど、守られているって気がして・・・去年の10月からでしょうか・・・?とっても沖縄が呼んでくれている現象続きです。10月に沖縄へスタッフと行ってきた頃から、なんか、それこそ偶然の一致ってことが続くんです。全部、沖縄関連・・・

特に世界遺産にもなった斎場御嶽(セーファウタキ)&久高島(神が降りて来たと言われる島で、今もユタ達の修業の島となっている)関連でしたね・・・毎日、何回もその話や文字が目に入ってきて・・・10月だったと思うんですが、強烈だったのが、必ず沖縄へ行ったら、真っ先に斎場御嶽(昔、神が久高島に降りてきて男と女を創造し、久高島から沖縄本島の最南端である知念半島に渡ったとされているその聖地)へ行くという女性がHPを見て『この名前の足つぼ屋しかない!』といらして下さり、ずっと斎場御嶽&久高島の話をされるんです。。そのお客様は、私にその話をする為だけにいらした方だと、今も強く感じます。で、その夜、近くの仲良しロックウェルズというBARに行って、その話をしたら元スタッフが久高島に行ってきたら2・3ヶ月社会復帰できず、現代社会に馴染めなくなってしまったとか・・・なもんで、『一人で行ってくる!』という私の意見は、マスターのN野君に『久高島に行ったら帰ってこなくなるタイプだから、お店のスタッフに迷惑をかけるからダメですよ!』と止められ・・・とにかく何処へ行ってもその話だらけなので、セイファーウタキが、私の頭の中でグルグル回ってる状態が当分続きました。とにかく、今行きたい!呼ばれてる!

休みが取れるだろうか?実状は新人スタッフを見つけないと・・・ニライカナイ式足ツボをマスターしてもらわないと沖縄には行けない・・・求人を何回出しても、なかなか人が決まらずイライラ・・・妥協もできず、求人広告費がかさむ(笑)。結局、10/13(月)の『ニライカナイ・・・願いは叶う』(再会編その2)に登場してきた足つぼ師、沖縄、北谷(ちゃたん)で『ピッタピッタ』というタイ式の足つぼ屋さん(かなりニライカナイっぽい店)をやってるT須君と彼女のK子さんが、お土産もって、ニライカナイを尋ねて来て下さった所から大きく流れが変わってきました。
                                                  


  暗闇に光が降りて来た・・・

  セーファウタキに倒れていた神秘的な木


                 次回につづく。。。

                               大好きなバオバブの木です!!
2004/1/01(木)    『スミマセン!本当は1/7(水)に書きました!』

明けましておめでとうございます!去年お越し頂いた皆様、本当にありがとうがざいました!今年もニライカナイらしくステップアップしていきますので、宜しくお願い致します!次かその次の、このページで皆様に、ご報告したい事がありますので、じらしますが・・・またこの日記(月記)を開けてみて下さい。今年もいろんな事が盛りだくさんで、楽しみたいと思っています。

価格表示が、初めてご来店されるお客様にわかりやすくしてみました。今まで長めにやっていたのを表示してみました。看板やチラシは徐々に変更していきます。


母も去年の今頃に比べたら、お陰様で元気になってきているようで・・・ありがとうございます。感謝の気持ちでいっぱいです。ぜひ告知された方、大笑いして下さい!母はそうして、いっぱい他の事を努力しました。どんな結果でも、こんな私が言うのは何ですが、ベストを尽くすって、スッキリしますよ。やるだけの事をやるって・・・

今年はどんな遠くにいる人とも繋がる!絆みたいなものがテーマです。あ、ずっと大切に心の片隅にテーマにしていたことですが・・・離れていても仲間は仲間!会えなくても繋がれる!会う前から繋がってる!不思議な現象が、また楽しみです。

2003/10/13(月) 
       『ニライカナイ・・・願いは叶う』(再会編その2)


9月の初旬にニライカナイをやめて沖縄の学生になったA山とも再会・・・辞める人をあまり強く止めることができないニライカナイなんですが、沖縄に行きたいと言われちゃ、私もそりゃ行きたいので寂しいですが、こころよく皆で送り出したんです。彼女を・・・オレンジの服がさらに似合う太陽の子になってました。お給料も渡すことができ、まだ辞めた感覚も全くなく、やっぱりファミリーなんですよね・・・素直で賢く鋭い子なので、一緒に周ったひめゆりや浜辺の茶屋でまた何かを得たんでしょう。スタッフのK池も沖縄行くかもと・・・なんか私も行かないと・・・と思えるように自然に流れがきているようで・・・皆に助けられ引っ張られているような不思議な感覚です。

新しい人との出会いもありました。北谷で知り合った足つぼ師の男性です。去年すでに出会ってはいるのですが足ツボをやっていただくのは初めてで・・・小林正観の本に感銘しているようで(当店にも多くの正観さんの本が置いてありますが)、よくストップウォッチで2万回数えたなぁ〜と思うのですが『ありがとう』を2万回言った日に、ニライカナイのあなた達が来た・・・と大げさな事を言ってくれてましたが、意気投合してしまい、『いいよ!パクってパクって・・・』と手技を学ばせていただき、今度はニライカナイ式足つぼをパクるということで来週横浜に来るらしく、中華街で再会予定!楽しみです。

TINGARAの『みるやかなや』の1曲目が耳から離れなくなって、勝手に詞を変えて自分の夢を叶える歌にして帰り道歌ってました。しばらくして歌詞カードを読むと、それこそ『みるやかなや(ニライカナイの古語)』でした。

2003/10/12(日)    『ニライカナイ・・・願いは叶う』(再会編)


沖縄を離れてから、もう早5年が経ちますが1年半前から行ってみよう!と思い直し、今回で3回目・・・少しずつ
浄化の旅から何か前進しているような・・・そんな気がします。この日記を読まれている方なら、『再会』が1つのテーマということに気づかれていると思います。いつもですが再会までの過程が学びになっているような気がしています。
沖縄で今回、また大好きな方達と再会をすることが出来ました。とても自然なことでした。会わない方が不自然な感じで・・・すごく横浜で頑張ってた気がしました。何年もブランクが開いていたとは思えなかったほど自然で、その時が一番嬉しそうな顔してたと後で写真見て思いました。後は運転疲れでくたびれた顔してるんですよね。年1回の運転は体力を消耗してしまいます。(笑)

今回、面白い事に再会した友人の一人が、職場の仲間と仕事の関係で東京に・・・沖縄で再会を果たしてから5日後には中華街で足つぼやってくれてました。ありがとうネ!しかも職場の仲間の一人が、すでに前回の出張で偶然にも私が足ツボやらせていただいてたらしく、かなり不思議でした。友人と急に場所を変えて会える喜び・・・これも不思議です。